※当メディアは各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事で紹介している商品やサービスの購入・申し込みをすると、売上の一部がサイト運営者に還元されます。

外壁塗装の色分け|美しさと耐久性を両立するコツとポイント!

外壁塗装の色分けはおしゃれで美しい外観を演出することができます。

しかし、失敗すると見た目が悪くなるだけでなく、建物自体の劣化も進むことになります。

そこで本記事では、外壁塗装の色分けにおいて注意すべきポイントと、美しさと耐久性を両立するためのコツとポイントについて解説していきます。

こんなお悩みを解決!
  • 外壁塗装の色分けのコツを知りたい!
  • 色分けで失敗しないための注意点は?
  • 美しさと耐久性を両立したい!
執筆者
しかちゃん

当サイトは元外壁塗装の営業マンが外壁塗装で失敗・後悔した人をたくさん見てきた経験から「後悔しない外壁塗装」のノウハウを発信しています!
トップページでは、初めて塗装工事をする方が迷わずに段取りができるように、ステップ形式でまとめています!

外壁塗装の色分けの効果とメリット

外壁塗装の色分けの効果とメリット

外壁塗装の色分けは、家の外観をより魅力的に見せる効果があります。

また、色分けすることで建物のアクセントになり、建物の特徴を引き立てることができます。

ただし、色分けをする場合には、建物の外観と周囲の環境との調和を考える必要があります。

色合いや塗り分け方によっては、周囲の景観との調和を損なうこともあるので注意しましょう。

美しさだけでなく、耐久性も重視した色分けのポイント

耐久性を重視した色分けのポイント

耐久性を考慮した色分けのポイントとしては、まず塗料選びが重要になります。

特に外壁には、紫外線や雨風に強く、色あせやチョーキングが発生しにくい塗料を選ぶことが大切です。

また、鉄部、木、塩ビなど塗装する部位によって適した塗料が異なるため、適切な塗料を選びましょう。

そして、定期的なメンテナンスも耐久性を保つために重要です。

塗装面の汚れや劣化を早期に発見し、対処することで、耐久性を保ちながら美しさを維持することができます。

外壁塗装の色分けにおすすめの色の組み合わせ

外壁塗装のおすすめ色分け6選

外壁塗装の色分けには、さまざまな色の組み合わせがありますが、ここでは特におすすめの色の組み合わせを紹介します!

ホワイトとグレーの組み合わせ

モダンな印象を与え、清潔感がある組み合わせです。

ホワイトを主体として、グレーをアクセントとして使うことで、建物全体にまとまりと落ち着きを与えます。

しかちゃん

この組み合わせは、都会的なデザインの建物によく合います!

ベージュとブラウンの組み合わせ

ベージュとブラウンの外壁の色分け
ベージュとブラウンの外壁の色分け(アクセント)

落ち着いた雰囲気で、自然な印象を与える組み合わせです。

ベージュを主体として、ブラウンをアクセントとして使うことで、温かみと柔らかさを感じるデザインに仕上がります。

しかちゃん

この組み合わせは、自然豊かな環境にある建物や、木造住宅によく合います!

ブルーとホワイトの組み合わせ

ブルーとホワイトの外壁の色分け
ブルーとホワイトの外壁の色分け(アクセント)

爽やかで明るい印象を与え、海や空を思わせる組み合わせです。

ホワイトを主体として、ブルーをアクセントとして使うことで、爽やかなデザインに仕上がります。

しかちゃん

この組み合わせは、海辺や湖畔にある建物や、リゾート地によく合います!

グリーンとイエローの組み合わせ

グリーンとイエローの外壁の色分け
グリーンとイエローの外壁の色分け(アクセント)

自然な印象を与え、明るさと活力を感じさせる組み合わせです。

グリーンを主体として、イエローをアクセントとして使うことで、自然を感じさせるデザインに仕上がります。

しかちゃん

この組み合わせは、森林や庭園にある建物や、農村地域によく合います!

レッドとブラックの組み合わせ

レッドとブラックの外壁の色分け
レッドとブラックの外壁の色分け(アクセント)

強いインパクトを与え、モダンな雰囲気を演出する組み合わせです。

レッドを主体として、ブラックをアクセントとして使うことで、ダイナミックなデザインに仕上がります。

しかちゃん

この組み合わせは、都会的なデザインの建物によく合います!

グレージュとホワイトの組み合わせ

グレージュとホワイトの外壁の色分け
グレージュとホワイトの外壁の色分け(アクセント)

グレージュが落ち着いた雰囲気を演出し、ホワイトが明るく爽やかな印象を与えるため、調和のとれたバランスの取れた外観を実現します。

また、グレージュは汚れが目立ちにくい色なので、メンテナンスの負担が少なくなるというメリットもあります。

しかちゃん

この組み合わせは、閑静な住宅街によく合います!

かっこいいツートン外壁2色の組み合わせ

外壁の種類に合わせた色分けのアイデア

外壁の種類に合わせた色分けのアイデア

ここでは外壁の種類に合わせた色分けのアイデアをご提案します。

外壁の種類や周囲の環境、屋根の色などを考慮して、バランスの取れた色分けを行うことで、建物全体が美しく見える工夫をしましょう。

レンガ調の外壁

レンガ調の外壁には、赤やオレンジ、ブラウンなどの落ち着いたカラーが相性がよく、温かみのある雰囲気を演出することができます。

一方、白やグレーのような明るい色を使うと、モダンで洗練された印象を与えることができます。

シンプルな平板外壁

シンプルな平板外壁には、ホワイトやグレーなどの明るい色を使用することで、スタイリッシュでモダンな印象を与えることができます。

また、ブルーなどの爽やかな色を使用することで、清涼感のある外観を作り出すことができます。

木目調の外壁

木目調の外壁には、ブラウンやベージュ、グリーンなどの自然な色合いがマッチします。

また、白い外壁にウッドデッキのような木目調のアクセントを取り入れることで、ナチュラルで優しい印象を演出することもできます。

シンプルなサイディング外壁

シンプルなサイディング外壁には、深みのあるブルーやグリーンなどのカラーがよく似合います。

また、グレーを基調とした色合いを取り入れることで、クールな印象を与えることもできます。さらに、屋根の色と合わせることで、全体的な調和を図ることができます。

ストーン調の外壁

ストーン調の外壁には、ホワイトやベージュ、グレーなどの明るい色が相性が良く、上品で清潔感のある印象を与えることができます。

また、グリーンやブラウンをアクセントとして取り入れることで、自然な雰囲気を演出することもできます。

色分けを上手に活用して家の雰囲気を変える方法

色分けで雰囲気を変える方法

色分けを上手に活用することで、家の雰囲気を劇的に変えることができます。

自分の好みやライフスタイルに合わせて、適切な色分けを行い、家全体の雰囲気をアップデートしてみましょう。

具体的には、以下のような方法があります。

アクセントカラーの活用

一部の壁面やドア、窓枠などにアクセントカラーを使うことで、モダンな雰囲気やポップな印象を演出することができます。

例えば、白を基調とした外壁に、オレンジやレッドなどの鮮やかなアクセントカラーをプラスすることで、おしゃれな印象を与えます。

コントラストカラーの使い方

コントラストカラーを使うことで、建物のデザイン性を高めることができます。

例えば、暗い色調の外壁に明るい色調のトリムをプラスすることで、建物の輪郭が際立ち、印象的な外観を実現できます。

穏やかな色調の組み合わせ

ベージュやグレーなどの穏やかな色調の組み合わせを使うことで、落ち着いた印象の家に仕上げることができます。

この場合、アクセントカラーをプラスすることで、少し華やかさをプラスするのもおすすめです。

自然な色調の活用

外壁に自然な色調を使うことで、自然環境に調和する雰囲気を演出することができます。

例えば、グリーンやブラウンなどの自然な色調をプラスすることで、家全体が自然と調和し、落ち着いた印象を与えます。

色分けのない外壁塗装でもアクセントを加える方法

外壁塗装の色分けなしでアクセントを加える

外壁塗装において、色分けが難しい場合や大胆に色分けをするのが気が引けるという方もいると思います。

そんな方は、外壁は一色にしてアクセントを加えるという方法があります。

ここではその方法をいくつか紹介します!

ドアや窓枠の色を変える

外壁には同じ色を使いつつ、ドアや窓枠の色を変えることで、アクセントを加えることができます。

例えば、外壁が白色の場合、ドアや窓枠を黒色にすることで、モノトーンのシックな印象を与えることができます。

付帯部分に別の色を使う

外壁の全体が同じ色でも、一部分だけ別の色を使うことで、アクセントを加えることができます。

例えば、外壁がグレー色の場合、一部分を赤色にすることで、目立つアクセントを与えることができます。

建物の形状を活かす

建物の形状を活かして、アクセントを加えることができます。

例えば、突き出た柱や隅の部分に色を変えることで、建物の形状をより強調することができます。

照明を活用する

照明を上手く活用することで、外壁にアクセントを加えることができます。

例えば、壁面にスポットライトを取り付け、特定の場所を照らすことで、アクセントを与えることができます。

外壁塗装の色分けで避けたい失敗と注意点

外壁塗装の色分けの注意点

うまく色分けができればおしゃれで、印象的な外観を実現できます。

しかし、色分けを失敗するとダサいイメージになってしまう可能性があります。

そのため、失敗しない色分けの方法と注意点をしっかり把握しておきましょう。

色分けの注意点
  • 色の使いすぎ
  • 柄や模様の使用
  • 色の組み合わせの間違い
  • 予算の過剰な節約
  • 塗装技術の不備

色の使いすぎ

色を過剰に使いすぎると、建物が見えにくくなったり、周りの景観に調和しなくなったりすることがあります。

柄や模様の使用

特定の柄や模様が流行りになっている場合でも、流行が過ぎ去った後に建物が時代遅れに見えることがあります。

色の組み合わせの間違い

色の組み合わせを間違えると、外壁塗装がゴージャスでなく、むしろ奇妙な外観になることがあります。

予算の過剰な節約

外壁塗装の色分けをする際に予算を抑えたいと思うかもしれませんが、予算を過剰に節約しすぎると、結果が悪くなる可能性があります。

安価な材料や工法を使用すると、劣化が早くなったり、塗料の色落ちが早くなったりする可能性があります。

≫外壁塗装のおすすめ節約方法はこちら

塗装技術の不備

色分けをするにあたって、塗装技術が不十分な場合、仕上がりが不十分になったり、塗料が剥がれたりとトラブルが発生する可能性があります。

そのため、施工業者の資格の有無や相見積もりで塗分けの得意な業者を選びましょう。

ちなみに、塗分けの得意な業者を見つけるには外壁塗装パートナーズ がおすすめです。

外壁塗装の色分けで抑えるべきポイント

外壁塗装の色分けで抑えるべきポイント

色を選ぶ際に失敗してしまうと、イメージと違う仕上がりになってしまったり、周囲と合わない外観になってしまうことがあります。

そこで、色選びで失敗しないために抑えるべきポイントを以下にまとめました。

ポイント
  • 周囲の環境を考慮する
  • 住まいのスタイルに合わせる
  • 色味の明暗に注意する
  • 大胆な色選びは控える
  • 色見本を用いる

周囲の環境を考慮する

周囲の自然環境や建物の色味を考慮することで、調和のとれた外観になります。

例えば、周囲に木々が多い場合は、木々の緑に合わせた色味を選ぶなど、周囲の環境を取り入れることが大切です。

住まいのスタイルに合わせる

住まいのスタイルに合わせた色味を選ぶことで、より一体感のある外観になります。

例えば、和風の住まいには和風の色味、モダンな住まいにはシンプルでモダンな色味を選ぶなど、住まいのスタイルに合わせた色選びをすることが重要です。

色味の明暗に注意する

明るい色味を選ぶ場合は、日当たりのよい場所にある住まいに向いています。

一方、暗い色味を選ぶ場合は、日当たりの悪い場所にある住まいに向いています。

また、色味の明暗によって、住まいの印象が大きく変わるため、注意が必要です。

大胆な色選びは控える

大胆な色選びは、周囲との調和が取りにくく、失敗しやすいと言えます。

特に、住宅街など周囲の建物と調和しないような色味は控えるべきです。

色見本を用いる

実際に目で見て色味を確認することが大切です。

色見本を用いることで、イメージと違う色味を選んでしまうリスクを減らすことができます。

外壁塗装の色分けのまとめ

外壁塗装の色分けは、建物の美しさを引き立たせるだけでなく、耐久性を高めることもできます。

そのためには、以下のポイントに気を付けましょう。

  • 建物のデザインや周囲の環境との調和を考えて色を選ぶ。
  • 色のコントラストや明度の違いを利用して、建物の印象を変える。
  • 外壁材や塗料の種類に合わせて色を選び、塗り分けの境目をしっかりと処理する。
  • 定期的なメンテナンスを行い、外壁塗装の色分けの効果を長く維持する。

以上のポイントを抑えることで、外壁塗装の色分けを上手に活用して、建物の美しさと耐久性を両立しましょう。

外壁塗装の一括見積もりは
外壁塗装パートナーズ がおすすめです!

悪質業者のチェック済み!
最安値が簡単に見つかる!
うれしいサポートも充実!
完全無料で使える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA